免許証とデメリット

運転免許証は取得した後も定期的に「更新手続き」をする必要があります。更新手続きは自動車免許の効力を保つ為には欠かせないことのです。ですが、住所が変わった際にする「住所変更」は更新手続きとは違って決して欠かせない事ではありません。免許の住所変更をすることは法的に定められていないという事ですので、極端な話しでは住所が変更した場合にも放置していても免許の効力は残っています。

 

しかし住所変更をしないことによって「デメリット」が発生してしまいます。免許の住所変更をしないことによって起きる主なデメリットとしてはまず「免許証で住所の証明」をする事が出来ない事でしょう。免許証は運転する為に必要な資格ではありますが、身分や現住所を証明する為にも必要なものになります。この証明はさまざまなところで活躍するため、住所変更を放置した為にしっかりと証明する事ができないデメリットはあるでしょう。

 

そしてもう一つは免許の維持に関するのですが、免許の更新手続きの連絡が旧住所に送られる為に、免許の更新に気づかない恐れがある事でしょう。しっかりと更新の日程を把握しているのでは問題ありませんが、どうしても数年の期間が空く為に忘れがちになってしまいます。これらのデメリットを発生させない為にもしっかりと住所変更はするようにしましょう。