手続きの時期

運転免許証は車を運転する為には絶対に必要な資格です。この資格を取得する為には「自動車学校」を卒業して試験に合格する必要がありますが、この試験を合格して資格をとっても自動車免許は定期的に免許の「更新」を行なう必要があります。免許の更新を定期的にすることによって免許を効力を維持する事ができます。

 

自動車免許は定期的の更新の他にも、自宅の住所が変わった際には住所の「変更手続き」をする必要があります。免許の住所変更の手続きは定期的の更新とは違って、手続きをしないからといって免許の効力が無くなる訳ではありません。だからといって住所変更をしなければ不都合も生じてしまいます。住所変更をしないことによって起こる不都合は、現住所の証明書としての効力がないことでしょう。

 

これは意外と必要な証明でもありますので、さまざまなところで必要になる事があります。免許の住所変更は放置していても問題はありませんが、しておくといい時期としては住所が変わってからなるべく早めの方がいいでしょう。引っ越しの作業が忙しいのであればある程度落ち着いてからでもいいでしょう。しかし、絶対にしておくと良いとは断言はできあませんが、早めの手続きをおすすめするでしょう。